登山、ギア、キャンプetc..


by sayu0929

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

<   2013年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

雲ノ平3 最後

雲ノ平に3泊4日で行ってきました!


3日目。。。

3時半に起床しテントをしまいます。
晴れていてもテントは結露などで濡れているのでしまうのが嫌ですね〜。

この2日間はペルセウス流星群が夜空に現れていたみたいで確かに流星が凄かったです。

今日のルートは雲ノ平→祖父岳→ワリも岳→鷲羽岳→三俣山荘になります。
5〜6時間の短い行程だったのでゆっくり進みます。

またまたお決まりのDJケンジさんのナイスなミュージックセレクションでウキウキ気分で歩きます。
d0329637_0543495.jpg


雲ノ平が遠くに見えます。奥にあるのが薬師岳かな??
d0329637_0543614.jpg


祖父岳の山頂に着きました。ケルンが印象的。
d0329637_0543882.jpg
少し進んだ所で朝飯としました。スニッカーズと無印バウム!
d0329637_0544141.jpg
気持ちの良い稜線歩きです。
d0329637_0544454.jpg
d0329637_0544876.jpg



ワリモ岳に向かう道中にヤングなご夫婦とお話ししました。「あれ?あなたたち双六でテント泊してたわよね?」「はい!してました!一緒の日にテン場に居たんですか?」「そうよ!そこのお兄ちゃんがすっっっっごい印象に残っててね!!!!(兄貴の事)。」「この方ベネズエラ人なんです。」「えっ?!本当!?外人さんみたいやと思った〜!」「すいません。うそです」「わっはは〜」という会話を楽しみました。。

逆光のケンジさん
d0329637_0544951.jpg

ワリモ岳着!
d0329637_055151.jpg
(ケンジさん撮影)

よし鷲羽岳まであと少し!
d0329637_0545677.jpg
(ケンジさん撮影)
裏銀座
d0329637_0545941.jpg
(ケンジさん撮影)道中の花も綺麗です。
d0329637_0554100.jpg
(ケンジさん撮影)
鷲羽岳着!ここの下りは非常に危険で足をとられるので要注意!次の日に滑落事故があったみたいです。
d0329637_055368.jpg
(ケンジさん撮影)鷲羽池と槍ヶ岳方面も見えます。
d0329637_0553055.jpg

ここを下ると三俣山荘。大好きな山荘にまた帰って来る事ができました。
d0329637_0553967.jpg
(ケンジさん撮影)3日目の幕営地はここです。山荘に入ると「お疲れ様でっっあっ!おかえりなさ〜い!!」「うぅ〜ん!良い‼」ここでずっとお世話になりたいとも一瞬本気で思いました。

今日はここ‼ザックをおろして場所確保!
d0329637_0554657.jpg
(ケンジさん撮影)
ケンジさんの指示に従って場所決定!!兄貴の指令は絶対です。手前の黄色が僕のテントで1番奥のネズミ色がケンジさんのブロックテント。さすが石好きですね。Live simply!!!!
d0329637_0554155.jpg
(ケンジさん撮影)

お腹も減ったので三俣山荘の眺望食堂に行きます。2人ともカレーライスです
d0329637_0554782.jpg
(ケンジさん撮影)雰囲気も味も音楽も最高!僕の好だなと思う瞬間瞬間が全て一致して素敵な空間に感じられました。山荘の方が素敵な人ばかりで全部が良く感じられたのかな??
d0329637_0554990.jpg
(ケンジさん撮影)

その後はおきまりの自由時間!寝ました。 かなりガラガラだったテン場はなんかパンパンになってました。テントのトビラを開けると素晴らしい鷲羽岳が見えます。
d0329637_0555519.jpg
(ケンジさん撮影)しかしそのパンパン後には目の前に軍使用かのような迷彩柄テントが目の前に!結構な目の前に!!「愕然」としましたがそれはしょうがない事なので迷彩柄をみながら目を覚まします!

立ち上がると見えるんですけどね〜三俣山荘!
d0329637_0555786.jpg
(ケンジさん撮影)

またヒマなので遊びに行きます。談話室で大量に買い込んだチョコを食いながら本を読みます。
d0329637_0555964.jpg

d0329637_056186.jpg
(ケンジさん撮影)珈琲でも飲もう!って事で4回目の眺望食堂に。甘党な2人なのでケーキを頼みました。
d0329637_05642.jpg
食堂内は珈琲の香りで充満しております。
d0329637_056711.jpg
(ケンジさん撮影)ゆっくり時間が流れるってこういう事なんだろうな〜とか妄想にふけたりします。

テン場に戻ってかなりの時間ケンジさんと談笑。

晩飯の準備にとりかかります。うなだれています。
d0329637_0561595.jpg
d0329637_0561978.jpg
d0329637_0562338.jpg
d0329637_056257.jpg
(ケンジさん撮影)

お互い飯をシェアしました。


明日の行程は長いので早めに就寝。。


最終日は2時に起きて出発!のはずか2時に起きた時点でソウロの方は電気は着いてたんで良し‼と黙々と準備をして外にでるとソウロの方は電気が消えてました。まさか‼‼‼っと思ってソウロを揺らすと中から「うぅ〜ん」っと。二度寝しておられました。。。。

またまた真っ暗の中ヘッデンを着けて出発!

DJケンジの音楽センスは毎度ながら最高。
d0329637_0562757.jpg


道中カントリーロードが流れ大合唱しながら歩いていると、ふと木の隙間から団体さんが出現‼‼‼恥ずかしがりやの2人咳こむフリをしてなんとか修羅場を回避!

そして毎度の事ながら、絶対ここは休憩ポイントやないやろ〜っていうような細い道で休憩。。スニッカーズと無印バウムを食します。兄貴のザックは4日となりとスルーハイカーっぽいザックに変身しておられました。
d0329637_0563380.jpg


気持ちの良い道を歩きます。
d0329637_0563720.jpg

d0329637_0563956.jpg
(ケンジさん撮影)

この後は双六小屋で本当の朝食をして。下山しました。最終日は10時間くらいあるいたかな?新穂高温泉から臨時駐車場までの道が長過ぎた。


ザックは10kg前後の重量だったけど重さは全然感じなかった、でも肩にかなり食い込んで蓄積した疲労が首にきた。靴もALTRAで充分歩けた。この黒部の方は水が豊富なんで水にはまったくこまらなかった。後は行動食をもっと大量に持ってくべきだったと反省。寒さも余裕で夜も朝もほぼ山と道のショーツとpatagoniaのフーディニで難なく過ごせました!

一緒にいってくれたケンジさんありがとうございました!あと写真提供もありがとうございました!

雲ノ平 おわり
[PR]
by sayu0929 | 2013-08-30 21:14

雲ノ平2

3泊4日で雲ノ平に行ってきました!

2日目。。

天気が良いので日の出を期待し3時起床。
この日は双六小屋から双六岳→三俣蓮華岳→三俣山荘→黒部源流分岐→日本庭園→雲ノ平。だいたい8時間くらい?だったと思います。

テントなど全部しまってヘッデンを着けてstart!
だんだん日が昇ってきます。日に照らされるケンジさん。
d0329637_1103648.jpg

山頂は人で賑わってました。
d0329637_1104153.jpg


この幾何学模様に魅了されて登る女性も多いみたいです。
d0329637_1104532.jpg
d0329637_1111414.jpg
(ケンジさん撮影)


花が好きな男子。花より男子?
d0329637_1104922.jpg

日が昇り殆ど人が居ない道をひた歩きます。元DJ元DJのケンジさんのチョイスで音楽をかけながらのhikeは超気持ちいいです。現役だったらすいません。
d0329637_1105521.jpg

三俣蓮華岳
d0329637_111078.jpg
(ケンジさん撮影)
を過ぎたら三俣山荘!見えました百名山の鷲羽岳!北アルプスのほぼ中央部、黒部川の源流に位置する。「裏銀座」と呼ばれる飛騨山脈主稜線の縦走路上にあり、山の奥深い位置にあるため、登山道を利用して複数日かけて登頂されることが多い。山頂は森林限界のハイマツ帯で見晴らしが良く、飛騨山脈の大部分の山々を見渡すことができる。山の北側はデイサイト、南側は花崗閃緑岩から成る。Wikipedia参照
d0329637_1105831.jpg
三俣山荘に着いたら朝飯!美味しいそうなパスタ食べてますね〜 この角度どう見ても日本人には見えん笑
d0329637_111576.jpg
なかの喫茶店がOpenしたら中でサイフォンコーヒーを。
d0329637_11171.jpg
d0329637_1111081.jpg
(ケンジさん撮影)この三俣山荘は居心地が良く、喫茶店の中では常にフォークソングが流れていました。
この山荘での1番の目的は伊藤正一氏の著書「黒部の山賊」を買う事でした。
d0329637_1111872.jpg
まだまだ道のりは長いので後ろ髪を惹かれつつ出発。

三俣山荘を越えるとさすが黒部!そこら中に川が点在します。
d0329637_1113352.jpg
(ケンジさん撮影)

雪渓が現れました。天然のクーラーに癒されてます?
d0329637_1113675.jpg

ケルンもちょい足し。
d0329637_111406.jpg

しばらくすると何やら異様な景色が見えてきました!しかし普通にありすぎてこれ雲ノ平?ちがくね?とか会話が飛び交いました。雲ノ平のテン場がみえました。
d0329637_1115416.jpg

見えてからがめちゃめちゃ遠い!!水晶岳とケンジさん
d0329637_1115179.jpg
雲ノ平は木道だらけです
d0329637_1115729.jpg
(ケンジさん撮影)
雲ノ平山荘にテン場の申し込みに行きます。しかし遠い!テン場を過ぎて15分くらいかかった!
d0329637_112041.jpg


ゴッツゴッツの所に張ります。
d0329637_112527.jpg
(ケンジさん撮影)
d0329637_112928.jpg
(ケンジさん撮影)ケンジさんこんな重い石も一緒に持ってきたんですね。感動しました‼ Live simply!!!!!!
d0329637_1121213.jpg


やっと楽しみにしていた粉ジュースを!大垣のお菓子問屋の森屋でかってきました!
d0329637_1121431.jpg


後は自由時間。僕はお昼寝したりケンジさんは落としたiPhoneを拾う途方もない旅へ行ったり。ちなみに三俣山荘でも食堂にiPhone忘れて山荘の方が届けに来てくれました。

ケンジさんが帰ってきたら晩飯の時間でした。早茹のパスタに汁はコーンスープを混ぜていただきます!
d0329637_1121966.jpg

d0329637_1122374.jpg


飯を食ったら夕日を見に行きます。
d0329637_1122532.jpg

遊んでみたり
d0329637_1122773.jpg
ジャンプしてみたり
d0329637_1122851.jpg
d0329637_1123061.jpg


と2日目の夜は更けていくのでした。。


おわり
[PR]
by sayu0929 | 2013-08-29 22:27 | 登山

雲ノ平1

お盆休みに日本最後の秘境と言われている「雲ノ平」に3泊4日で僕とケンジさんで行って来ました!

d0329637_21475110.jpg

雲ノ平は祖父岳火山により形成された。黒部川の本流とその支流岩苔小谷に挟まれた標高2,500~2,700mの日本で最も高い位置にある溶岩台地である。北アルプスの最深部に位置するため、どの登山口からでも当日中にたどり着くことが困難である。日本最後の秘境と呼ばれる。上部は森林限界のハイマツ帯で、祖母岳や庭園の登山の一部に木道やベンチが設定されている。雲ノ平には、祖父岳(2,825m)と祖母岳の二つの山がある。Wikipedia参照

仕事が終わってから美濃まで車を走らせて深夜2時頃ケンジさんのデリボーイで出発。高速をスンゴイ速さで走ってるデリボーイを見たらそうこの方です。出発前からブレーキランプがずっとつきっぱなしというトラブルもありながらエンジニアのケンジさんの腕でトラブルも難なく回避!笑
d0329637_21475384.jpg
駐車場の新穂高温泉は満車でそこから戻ってかなり標高が上がった所の駐車場に誘導されました。チッ
d0329637_21475763.jpg

一週間まえに双六岳に行ったのでまた同じ道を歩くという苦行。笑
この日は北アルプスの殆どが最高の天気だったみたいで晴天&暑い!
途中の川で涼みます。
d0329637_2148164.jpg
兄貴の決めポーズ
d0329637_2148554.jpg
双六小屋までの道中は暑さと不眠が祟り半端じゃないほどの疲労感。しかしその中でも疲労を感じずに歩くという技を見つけました。晴天で最高の景色の中、意識を無にして目を閉じてひたすら登る。これでだいぶすくわれました。*ケンジさんは途中の挨拶さえも聞こえなくなりました。途中お互い突飛押しもない所で奇声をあげたり飛び上がったり精神崩壊寸前までいきましたがなんとか持ちこたえました。大体7時間くらい登ったかな?? 双六小屋まであと少し!
d0329637_2148719.jpg

木道もあります。
d0329637_21481160.jpg

すると!双六小屋&テン場が!
d0329637_21481415.jpg
テン場は広いです。
d0329637_21481854.jpg
僕はBDのライトハウス、ケンジさんはソウロ!
兄貴のサービスしょっと
d0329637_21482210.jpg

カレーを作ってお腹一杯になった所でケンジさんが「お酒を飲もう‼‼‼」と言いました僕は雲ノ平に着いたら乾杯しましょうと硬い約束をしていたので少し気持ちは引けていましたがまぁいいかと飲みました。それからしばらくして就寝しました「
d0329637_21482695.jpg



その夜みんなが寝静まった頃、僕はiPodを聞いてまったりしてたら外から
ジャリジャリっと僕のテントの近くから誰かが歩き回る音がしてするとッペッッペッとツバやらなんやら吐いている人が居ました。マナーが悪いなぁと思い中で咳払いをしているとその人は居なくなり僕も就寝。




次の日ケンジ兄貴に、こんな人が居たんですよ〜〜とその事を話すと「ヤマちゃん、、ゴメンそれ俺や。。。」と?????

なんと兄貴は自分から自分から自分から言い出したビールにやられて這いつくばっていたみたいです。。と朝方3時ごろ知らされてまだみんな寝静まっているテン場に笑い声がこだましました。


おわり
[PR]
by sayu0929 | 2013-08-29 00:01 | 登山

双六岳

北アルプス双六岳に行ってきました!

双六岳(すごろくだけ)は、長野県大町市と岐阜県高山市にまたがる飛騨山脈の裏銀座の主稜線に位置する標高2,860 mの山である。山域は中部山岳国立公園に指定されている。花の百名山に選定されている。Wikipedia参照

前回の燕岳で山の面白さを知った彼女に今しかアルプスは行けんよ〜っと急かすようないつも言っていたら「じゃあ早く行こ!」という事でこっちは良し来た!って感じでずっと行きたかった双六岳に行きました!

木曜日の仕事が終わってすぐに準備をして深夜1時ごろ出発。ということは寝不足登山決定。 新穂高温泉を目指します。5時頃に着きました平日にも関わらず満車。。近くの深山荘の臨時駐車場が空いているということでそこに止めさせてもらいました。焦った〜。

なんだかんだ出発!最初は飽きるくらいの林道歩き、わさび平を目指します。最初から雲行きが怪しかったんですがポツリポツリと雨が。DRIDUCKSの雨カッパを。これは本当に最高やと思います!中は全然ムレないし軽い!若干サイズがデカめですがそれでOK!

彼女はただ絶景がみたいだけなので景色が悪いと機嫌も悪くなるんです。
なんだかんだ降ったり止んだりでわさび平に到着!
d0329637_237572.jpg
まだまだ先は長いのでここではあまり休憩はしません!
またどんどん咲きに進むと大きな川に到着。ここで軽く行動食を。無印バウム!
d0329637_2375844.jpg

この休憩の後かなりの雨で撮影は無しでもくもくと登ります〜

すると双六小屋とテン場が!この秘境感。笑
d0329637_238095.jpg


テント場の前には池があり隣には双六岳、反対には槍ヶ岳につながる西鎌尾根
d0329637_238147.jpg
d0329637_238449.jpg


テントを立てたら昼飯〜
d0329637_238367.jpg
茹で汁はもったいないんでコーンスープにします!
その後はテントでお昼寝ウダウダしてると夕飯の時間に。降ってきそうなくらいの星を見て感動して眠りにつきます。

翌朝。。双六岳に日の出を見に。
d0329637_238540.jpg

d0329637_238699.jpg

初の雲海に感動してかなりの時間入り浸りました。

下山に結構時間がかかるのでさっさと片付けて帰ります!

鏡平がみえます。
d0329637_238897.jpg


下山したら深山荘で温泉に入ってサッパリ!
d0329637_2381070.jpg


おわり。
[PR]
by sayu0929 | 2013-08-26 22:04 | 登山

燕岳2

テントに戻ってまったりTimeを過ごせばもう夕飯の時間です。そう、山の夜は早い!

メニューはアルファ米にいなばのグリーンカレーにナッツをトッピング
d0329637_21584967.jpg


いなばのカレーは最高に美味い!
その後はデザートTime!彼女もいるので普段は食べないフルーツを持ってきました。ドールの桃缶です
d0329637_21585243.jpg

ご飯を食べた後はする事もないので自由時間。持ってきたiPodで音楽聞いたり小説よんだり。

おそらく20時頃寝ました。

朝は日の出を見る為に3時半起きです。
小屋まで行くだけで良かったのでこの時間に起きるのは完全に早すぎました。

ウダウダしていると日の出は雲で見えなかったけど、光のカーテンが素晴らしい事に!山荘の方も「こりゃー珍しいーなぁー」と。
d0329637_21585415.jpg


日の出をみたらさっそく片付けて下山です。山男にもさようなら。
d0329637_21585935.jpg


帰りは団体さんの列で大渋滞。登りよりも疲れた〜彼女さんは膝がプルプルしてました。
d0329637_2159397.jpg

d0329637_21591628.jpg


おわり。
[PR]
by sayu0929 | 2013-08-26 21:41 | 登山

燕岳 1

北アルプスの燕岳に行ってきました。

ある人は言いました、どの山にいっても山ガールには会えなかった〜、、そう!山ガールは富士山か燕岳にいるのです!!

なので行きました燕岳。
d0329637_20909.jpg


燕岳(つばくろだけ)は、飛騨山脈(北アルプス)にある標高2,763 mの山。山体すべてが長野県に属する。日本二百名山及び新日本百名山に選定されている。Wikipedia参照

中房温泉から登ります。燕岳は三大急登と言われる程の急登!らしい!
d0329637_209229.jpg


道中には第1ベンチ第2ベンチなど疲れた頃に休憩場所があるから安心!
樹林帯が続きます。
d0329637_209363.jpg

合戦小屋に着いた!有名なスイカ発見〜寒くて食べる気にならなかった。
d0329637_209432.jpg


結構な雷が鳴ったり雨が大分ふってきた。しかしその後、虹が!
d0329637_20947.jpg

合戦小屋からは晴れて眺望も良かった!
d0329637_209532.jpg

すると燕山荘が右上に見えてきました!あと少し〜
d0329637_209661.jpg


到着すると槍ヶ岳方面が見えてました。
d0329637_209710.jpg

テントを設営しよとしていると、可愛い雷鳥のファミリー発見!トコトコ歩いてます。
d0329637_209855.jpg


テントも設営したら昼飯です!疲れてたし燕山荘の中でランチにしました。
インドカレーセット!これがめっちゃ美味い!
d0329637_2091053.jpg

その後は読書!
d0329637_2091018.jpg

の後は彼女さんの念願のケーキセット。山でケーキが食べれるなんて女子は嬉しいですよね〜
d0329637_2091112.jpg

山荘を散策。
d0329637_209125.jpg

その後はいよいよ核心部へ!
d0329637_2091344.jpg

気持ちの良い稜線を歩いてきます。
d0329637_2091428.jpg

d0329637_209151.jpg

山頂では大学生のような?同い年くらいのグループと出会い写真を沢山とりました。手作りの旗!カワイイですね。
d0329637_2091463.jpg

良い写真を撮ろうと撮りました。山頂には山と道のサコッシュオンリーです
d0329637_2091611.jpg

だんだん人も混んできたんでテントに戻ります。
[PR]
by sayu0929 | 2013-08-07 16:43 | 登山

カテゴリ

全体
ごあいさつ
登山
挨拶
ギア
CAMP
生活
バックパッカー

未分類

以前の記事

2014年 06月
2014年 05月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

visit site
from visit site

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

ベトナム旅行記2
at 2014-06-19 00:03
ベトナム旅行記
at 2014-06-17 00:07
Z会 イブネ 鈴鹿
at 2014-05-24 00:09
八ヶ岳 雪山
at 2014-02-10 18:01
八ヶ岳 年越し登山 2
at 2014-01-27 15:57

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

アウトドア
登山

画像一覧